スキンケアの基本と正しい方法とは

目的に応じたスキンケア

一口にスキンケアといっても、洗顔や保湿などの基本的なスキンケアだけでなく、美白ケアやエイジングケアなどの目的によって対処方法も変わってきます。色白は七難を隠すと昔から言われているように、透明感のある白い肌は女性の憧れです。一時期ガングロが流行したこともありましたが、将来的に肌に大きなダメージを与えることが理解されてからは美白にこだわる女性が増えています。単に肌を白くしたいというよりも加齢や生活習慣などで生じることが多いしみやそばかすを改善することを目的としているようです。いつまでも若々しい肌を維持するためには、年齢とともに失われていく肌に必要な成分を補給する必要があります。

ビタミンCは抗酸化作用に優れており、美白効果が期待できるだけでなく、肌のハリや弾力に大きな影響を与えるコラーゲンの生成もサポートすることで知られています。その他にも粘膜や皮膚の保護に必要となるビタミンEや代謝促進が期待できるビタミンB群など、肌に必要な栄養素は数多くあるため化粧品とサプリメントの両方からアプローチすることが大切です。また、シワやくすみ、たるみなどのエイジングケアには、セラミドやアミノ酸、ヒアルロン酸やコラーゲンなど、年齢とともに減少する成分を適切に補うことが重要でしょう。