スキンケアの基本と正しい方法とは

スキンケアの基本

どんな肌質であってもスキンケアの基本に変わりはなく、洗顔と保湿を適切に行うことが重要なポイントとなります。過剰な皮脂分泌がある人や毛穴の黒ずみが気になる人は、洗顔に人一倍気を遣うでしょう。しかし、肌に必要な皮脂まで剥ぎ取ってしまう洗浄力の強い洗顔料を使ってゴシゴシ洗顔すると逆効果になり、肌の乾燥、皮脂の過剰分泌の悪循環を繰り返すことになります。シミなどの色素沈着は肌の摩擦や刺激などによっておこりやすくなることを覚えておきましょう。肌に近い弱酸性の洗顔料を使って、十分に泡立てた状態で滑らせるように優しく洗うのがポイントです。

洗顔後は、肌の潤いやハリ、柔軟性を保つために肌細胞のなかに十分な水分を閉じ込めておくことが必要となります。化粧水をたっぷりと塗布して水分を補給することが大切です。また、それだけではすぐに肌の水分は蒸発してしまうため、油分を補給するとともに化粧水に蓋をして保湿を維持するために乳液を重ね塗りします。肌が乾燥しがちな人は、それだけでなく栄養クリームなどを塗るとさらに水分の蒸発を防ぎ、肌バリア効果をアップすることができるでしょう。パックやピーリングなどは古い角質を除去するのに効果的と言われていますが、やりすぎは逆効果となります。肌本来の機能が発揮できるようあまり過保護になりすぎないようにすることも大切です。