スキンケアの基本と正しい方法とは

肌質に合ったスキンケア

毎日入念にスキンケアをしているのに肌の状態が改善できなかったり、肌トラブルが生じやすかったりする人は、肌質に合わないスキンケアをしている可能性が考えられます。どんなに高価な化粧品を使用しても自分の肌質を理解したうえで使用しないと逆効果になることも少なくありません。人の肌には、体質や外聞環境の影響の受けやすさ、生活習慣などによって主に4つのタイプに分けることができます。「ノーマル肌」「オイリー肌」「乾燥肌」「混合肌」が代表的な肌タイプであり、そのほか敏感肌に分類される場合もあります。

ノーマル肌は、肌のターンオーバーやバリア機能が正常な状態で、乾燥やテカりなどの肌トラブルが特に生じないタイプです。普段から肌質を意識することは少ないかもしれませんが、気候や外部からの刺激による影響は受けやすいので注意が必要です。オイリー肌は皮脂が過剰に分泌されるタイプで、さまざまな肌トラブルが起きやすいため洗顔をやりすぎて逆効果になることもあります。オイリー肌の原因が実は肌の乾燥だということに気が付かない人は意外に多いようです。乾燥肌は常に肌がかさついているときには角質が白い粉になって剥がれ落ちることもあるタイプです。肌内部の保湿因子が少ない状態となっているため、十分な保湿が必要となります。混合肌はTゾーンとUゾーンで肌質が異なるため、部位によってスキンケアを変える必要があります。