スキンケアの基本と正しい方法とは

スキンケアとバリア機能

人間の肌には常在菌が存在しており、自浄作用で肌を健やかに維持することができるようになっています。これを肌のバリア機能と呼んでいますが、バリア機能が正常に機能することによって、紫外線や有害物質、ホコリや汚れ、外部からの刺激から肌を守ることができます。しかし、加齢や生活習慣の乱れ、ストレスなどによって肌のバリア機能は乱れることが多いため、さまざまな肌トラブルが生じないようにスキンケアが必要となります。

正常なバリア機能を維持するためには、皮脂膜、角質層、天然保湿因子、細胞間セラミドの4つが重要です。皮脂膜は皮脂と汗などの水分を混ぜて乳化させることによって天然のクリームとなり、肌から水分が蒸発するのを防ぎます。角質層は肌のハリや潤いを保つために不可欠となる水分を保つ0.02ミリほどの薄い膜です。天然保湿因子は肌の角質層で潤いを保つために重要な役割を果たしています。細胞間セラミドは、皮膚細胞同士の隙間をゼリー状の保湿液で埋めて肌の弾力や潤いを維持するために必要な成分です。

スキンケアは正常な肌バリア機能を維持するために行うもので、4つの要素が揃うことでつやのある滑らかな肌になります。これらのバランスが崩れることによって皮脂が過剰に分泌されたり、乾燥したりして、ニキビや黒ずみ、シミ、シワなどの肌トラブルが生じやすくなるのです。そこで、健やかな肌を維持するために必要なスキンケアの方法や肌質、スキンケアの基本、目的に応じたスキンケアなどについて考えてみましょう。